cooking

脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

2023/04/17
健康 栄養 栄養摂取 脂肪

さまざまな栄養学の知識が普及するにつれ、人々は栄養学に注目し、食生活をより科学的なものにしたいと思うようになりました。 しかし、国民全員が炭水化物について語る一方で、誰もが避けている栄養のひとつが脂肪です。 炭水化物、タンパク質、脂質は人体に必要な三大栄養素であり、どれか一つでも欠けると人体の機能維持に不可欠で、何らかの病気の原因になることはあまり知られていません。

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

 |脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

 

そこで今日は、食べ物の口当たりを良くするために欠かせない脂肪について、また、栄養素の吸収を促進する触媒としての役割もあり、その一部は脂肪の力を借りて吸収されなければならない。 つまり、私たちの体内で脂肪が不足すると、素直な表情になるのです。

では、すべての脂肪は私たちの体にとって良いものなのでしょうか? 健康な脂肪とはいったい何なのか?

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

正直なところ、この2つの質問に答えるのは本当に難しいです。なぜなら、どの脂肪が単に悪い脂肪で、どれが良い脂肪なのかという栄養学的な定義がないからです。 ほとんどの専門家がオリーブオイルが健康に良いということに同意していますが、それ以上にそのような一貫した結果を見つけることは困難です。

そこで、今日は良い脂肪についてまとめます。 怖がらず、猜疑心を持たず、今日まとめた脂肪はどれも研究に裏打ちされた信頼できるものです。

 

1.オリーブオイル

 

オリーブオイルが健康的な脂肪の中で1位であることに異論はないでしょう。 一価不飽和脂肪酸が豊富で、強い抗炎症作用があり、心臓の健康によく、インスリン感受性がよく、また血圧を下げます。

脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

また、オリーブオイルが肥満を防ぐのは、体温を上昇させてカロリーを消費する熱発生を刺激し、代謝率が高くなるほか、インスリン感受性や体内の炎症が改善されるからです。 3年間に渡って行われた研究では、地中海スタイルの食事を取り入れると、低脂肪の食事よりも1日あたり300キロカロリー多く消費されることが判明しています。

 

 

2.亜麻仁油

 

多くの基礎研究、疫学調査、動物実験、臨床観察から、α-リノレン酸は、国際的な医学界、栄養業界によって認められている、次の8つの側面からの生理作用を持つことが示されている:

1、心血管疾患の予防。

2、血中脂質を低下させる。

3、重症高血圧を軽減する。

4、癌の発生と転移を抑制する。

5、アレルギー反応の抑制と抗炎症作用。

6、老化を抑制する。

7、知能を高める。

8、視力を保護する。

9、特に胎児の発育促進や産後うつ病の予防に効果があると言われています。

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか-亜麻仁油

 

亜麻仁油は、古来より妊娠中の母親にとって必要不可欠なものでした。 亜麻仁油は生産量が限られているため一般に所有されておらず、ピーナッツオイルや大豆油のような知名度はない。 ごま油と間違える人も多いのですが、実は亜麻仁油はごま油ではありません。

台湾では亜麻仁油は非常に好まれ、月経食に欠かせない油とされています。 現代の生命科学の研究により、オメガ3は体の細胞を構成する核となる物質であり、オメガ3や代謝物のDHAやEPAは、妊婦は胎盤を通して、母親は母乳を通して胎児や赤ん坊に伝わることが確認されています。 

また、オメガ3は、胎児や乳児の体の機能や形態の発達を促進することができ、特に発育不全の胎児や未熟児には効果的です。 彼らの機能発達を正常なレベルまで促進することができます。 さらに、オメガ3は、米国食品医薬品局(FDA)により、次のような機能を持つことが認定されています:

1.産後うつ病を予防する。

2.母体の抵抗力を強化する。

3.妊娠反応や妊娠線を軽減する。

4.妊娠糖尿病、便秘などを予防する。  

5.胎児奇形や先天性形成不全を予防する。

6.泌乳を促進し、ミルクの栄養価を向上させる。  

7.母体の体重をコントロールし、出産後の皮膚や体型の回復を促す。

脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

世界保健機関(WHO)は、妊娠中や授乳期の女性はオメガ3を十分に摂取することを推奨しています。  

母体のオメガ3が不足すると、赤ちゃんは脳の発達の遅れ、知能の低下、体の発達の遅れ、視力の低下、肌荒れなどに悩まされます。

 

3.シソの実オイル

 

人体の代謝に必要なDHAやEPA(植物の脳内黄金)に変化する必須脂肪酸であるа-リノレン酸を56.14~64.82%含んでいます。 コレステロールを含まず、人体への健康効果や薬効がより大きい。

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

 

4.フィッシュオイル

 

サーモン、イワシ、オヒョウには、超健康的な抗炎症性脂肪を蹴散らす脂肪が豊富に含まれており、認知機能や心血管系の健康増進に役立つDHAやEPAを多く含んでいます。

脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

これらの脂肪は、コルチゾールなどの体内ホルモンを調整し、体内の炎症を解消することで、長寿を増進します。 また、インスリン感受性を高めるオメガ3脂肪酸も含まれており、炭水化物の大量摂取による悪影響を軽減してくれます。

 

 

5.ココアバター

 

焙煎して挽いたカカオ豆は、マグネシウム、亜鉛、リンだけでなく、一価不飽和脂肪酸を豊富に含む、世界で最も美味しくて健康的な食品です。 また、抗酸化物質も豊富で、心血管疾患や糖尿病のリスクを低減することができます。

なお、市販のダークチョコレート(カカオ固形分75%以上)には、砂糖を多く含んでいても、同じように健康的な脂肪と抗酸化物質が含まれていることが、いくつかの研究で示されています。

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

 

6.ウォールナットオイル

 

くるみはポリフェノールが豊富で、少量のオメガ3脂肪酸とα-リノレン酸(ALA)が摂取できます。 同様の成分は、一部の魚で生産されるDHAやEPAにも含まれています。 したがって、クルミ油は、健康、認知、体内の炎症の軽減に有益です。 また、骨の健康状態を改善し、骨粗鬆症を予防することもできます。

脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

さらに興味深いのは、クルミはコルチゾール反応を抑えることもできるということです。研究者は、抗酸化物質とオメガ3脂肪酸の組み合わせが、ストレスを管理し、ホルモンや神経伝達物質の機能を改善するのに有効であるとしています。

 

 

7.黒ゴマ油

 

ゴマ油は、一価不飽和脂肪酸、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB1の健康的な供給源となります。 最も重要なことは、ゴマが体内の過剰なエストロゲンの代謝を助けるのに非常に効果的であることが示されていることです。

これは男女ともに非常に有益で、前立腺がんや乳がんの発生率を改善するほか、血圧を下げたり、肝臓を酸化ダメージから保護したりする効果も認められています。

 

 

8.チーズ

 

良質なナチュラルチーズは、酪酸濃度を高めて腸内細菌を改善する。 これは体の健康にとって良いことです。 つまり、体に十分な善玉コレステロールを摂取し、炎症を抑え、体の筋肉組成を維持することができるのです。

骨密度、気分、認知力もそれに応じて改善されるでしょう。 ただし、チーズは飽和脂肪酸を多く含むため、食べ過ぎには注意し、一定量にとどめることが大切です。

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

 

9.アーモンドバター

 

アーモンドはタンパク質と不飽和脂肪酸を多く含み、体の健康を増進し、体調を整え、運動能力を向上させる。 4週間にわたる研究で、毎日大量のアーモンドを食べるトレーニングを受けたサイクリストは、エネルギーと抗酸化物質を消費する体の能力を著しく向上させたことがわかりました。

 

つまり、パフォーマンスが向上し、長期的には体の回復が早くなり、酸化ストレスの発生が抑えられるということです。 さらに、アーモンドはオリーブオイルのようにカロリーを産生し、体の代謝率を上げるので、痩せやすい体質になることも期待できます。

ある研究では、アーモンドを週に5回食べると、低脂肪食に比べて2週間で2倍の体重減少が見られたという。 ただし、無塩のものを選ぶことが大切です。

10.グレープシードオイル

グレープシードオイルは高リノール酸オイルです。

グレープシードオイルは、オレイン酸とリノール酸を中心とした不飽和脂肪酸を豊富に含み、リノール酸の含有量は72%~76%と高い。 リノール酸は人体に吸収されやすい必須脂肪酸で、グレープシードオイルを長期間摂取すると血清コレステロールを低下させ、人間の植物神経の働きを効果的に調整することができる。

 脂肪をどう健康で栄養摂取すればよいか

グレープシードオイルにはビタミンEが豊富に含まれており、強い抗酸化作用があるため、保存期間を効果的に延ばすことができ、光、熱、空気との接触による酸化や腐敗が起こりにくい。

グレープシードオイルは、その安定した特性から、食用油として食卓で直接使用されたり、様々な食品の調理に使用されるだけでなく、高品質の化粧品や医薬品の製造に重要な原料となっています。 また、グレープシードオイルには、カリウム、ナトリウム、カルシウムなどの必須ミネラルや各種脂溶性・水溶性ビタミンが含まれており、高齢者や乳幼児の栄養食、医療食、高所作業者用食品などの製造に適している。

どんな脂肪を摂取するにも関わらず、ただ脂肪だけを口にするのはよくないことです。たとえそれは筋肉を付けるためにでもです。大切な事は栄養のバランスです。バランス良い栄養を取り入れることで、ようやく体は健康で、痩せたり、筋肉を付ける事ができます。例えば朝食ではホットサンドメーカーで栄養たっぷりの朝食を作ったり、サンドで違う種類の食材を挟んで作りましょう。

まとめ:以上、ホットサンドメーカーについてでしたが、参考になれば幸いです。 もっと詳しく知りたい方は、当店を購読してクーポンをゲットしてください。

当記事のウェブサイト:https://solemood.zepan.jp/blogs/cooking/s42
前の記事へ:ありません
おすすめの記事
動画のおすすめ
浄水型ウォーターサーバー 家庭用 ワンタッチで温度自由な一杯を!
浄水型ウォーターサーバー 家庭用 ワンタッチで温度自由な一杯を!
ポータブルジューサー 調理器具おすすめ 家庭料理 1分間でできる 効率的
ポータブルジューサー 調理器具おすすめ 家庭料理 1分間でできる 効率的
朝の時間を効率的利用!マルチサンドメーカーが家庭料理の始まり!一日を楽しく始めましょう!
朝の時間を効率的利用!マルチサンドメーカーが家庭料理の始まり!一日を楽しく始めましょう!
食卓で使えるクッキングポット、すき焼きもお鍋も至極簡単!気楽に料理を始めよう!
食卓で使えるクッキングポット、すき焼きもお鍋も至極簡単!気楽に料理を始めよう!
SOLEMOOD 家庭用 ホットサンドメーカー|SOLEMOOD公式サイト

SOLEMOOD 家庭用 ホットサンドメーカー|SOLEMOOD公式サイト

¥4,980 JPY 通常価格
Translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

ホットサンドメーカー

SOLEMOOD ホットプレート WL-G107|SOLEMOOD公式サイト

SOLEMOOD ホットプレート WL-G107|SOLEMOOD公式サイト

¥12,800 JPY 通常価格
Translation missing: ja.products.general.unit_price  単価 

ホットプレート wl-g107